今日は長男のサッカーのリーグ戦とその試合後にフレンドリーマッチがあった。

現在長男は地元のジュニアユースのチームに所属しており、現在二年生である。とりあえずトップチームには入っているがベンチを温めている日々である。

さて、今日はとても大切な試合であった。

現在、チームは地域リーグで戦っているのだがなかなか勝つことが出来ず苦戦しており、今日の相手は最下位のチームで負けると最下位に転落する試合である。

また、地域リーグも試合数が残りわずかで今日の試合を落とすと来年は地域リーグから県リーグに落ちてしまう大事な試合であった。

当初長男はベンチメンバーにも呼ばれていなかったのだが、今日行ってみたらベンチ入りしており、試合前のアップもメンバーと一緒にしていた。

試合が開始されて先発メンバーを見ると全員が3年生である。最近の試合は3年生がスタメンという事が多く、今回も3年生フルメンバーである。

試合開始後直ぐにチャンスが訪れた、ゴール前に持ち込みシュートを打つが相手GKにとられてしまう。絶好のチャンスであったが決めきれない、これが弱いチームの実力なんだろう。

試合は両チームチャンスをつかみながらなかなかゴールにつながらないといった時間が過ぎていたが、前半残り10分位についに決められてしまう。

丁度目を離した瞬間で見てなかったのだが、後で聞くとDFが付いていけなかったようである。

我がチームのCBは弱い、特に中盤から縦パスを出されてしまうと付いていけないことが多く、今までも何度もGKのファインセーブに助けられている。

試合は後半戦に2年生をFWに3人交代で入れたが結局は0-1で敗戦となってしまった。試合後試合に出た3年生数人は大泣きをしていた。今回の相手には負けると思っていなかったので、負けたのが悔しかったのだろうと思うが、我々2年生の方が来年のリーグ戦を考えると泣きたくなるのだが。

ちなみに長男のポジションがCBなので出る事はなかった。

試合後同じ対戦相手の2年生と練習試合があった。ここからやっと長男の出番で、いつものCBで試合に出ていた。

出来としては0点に抑えたし、スライディングや競り合いでも負けていなかったので良しとしたいところだが、パスが悪い。パスが悪いというか受ける方が悪い場面が多く、長男がスペースにパスを出すのだが肝心の受ける方が走り込んで来ない場面が多いように見えた。

特に今回のうちのチームのメンバーはベンチに入れない3年生が多く出ていたので仕方ない所も多いのだが、それでもパスが通らないと見栄えが悪くてしかたなかった。

分かる人が見れば分かるのだろうが、サッカーを知らない人が見たら「どこにパスを出してるんだ?」となってしまう。ベンチに入れない3年生は特に足元でもらう事ばかり考えているので、先のスペースにパスを出す長男からすると「まったく!」となってしまう。

まぁ、そんな事を分かっている私は長男に「どんどん先にパスを出して走らせろ!」と教えている。

地域リーグ戦もあと2試合、どうなる事やら。

2年生の父兄はクラブユースの新人戦を楽しみにしている。今まで2年生フルメンバーで戦って負けなしで来ており、クラブユース新人戦ではJのジュニアユースと戦って勝つのではと父兄みんな期待している。

さてさて結果はどうなるか楽しみである。