Sky in Riyadh

日々疲れている、何に疲れているかというと嫁にである。

まったく我侭でしかたない、まったく人を思って何かしてやろうとしないのには疲れてしまう。

昨日も仕事が終わって車を運転していると嫁からメッセージがあり「買い物に行きたい」と、妻はパートで仕事をしているはずでその帰りにいくらでも買い物が出来るのであるがしなかった様で、俺が帰ったら買い物に行こうとの事。

また喧嘩になるのも嫌だし、晩御飯のおかずすら買っていないようなので仕方なく出かけた。

帰ってみると準備もしていない、携帯電話を操作してネットを見ているかゲームをしているようである。長男を迎えにいく必要があったので急いで出かけるように促した。

近くのマックスバリューに行き昨晩分と今晩分のおかずを買って帰った。思ったより早く終わったので一度家に帰り、風呂を洗いお湯を張ってから私だけ長男の迎えに出かけた。

午後7時にサッカーの練習が終わる予定だったが、居残り練習を午後9時までするというので一度帰ることにした。

晩御飯のおかずの食材が足りなかったのでスーパーに寄り買い物をし返った。

帰ってみると風呂には入り次男と三男にはパンを食べさせたと言っていたが晩御飯の用意はされてなかった。

仕方ないので晩御飯のモツ鍋を作って、次男坊がラーメンを入れて食べたいと言ったのでラーメンを煮てモツ鍋に入れてやり、食べる準備をして再度長男を迎えにいった。

帰ると嫁は相変わらず携帯電話を操作しており私たちが帰ったからご飯を作るでもなかった。

うんざりしながら私と長男分の晩御飯の用意をして、長男が風呂から上がってきてから食べ始めた。

やっと食べることが出来るなぁ~と思っていたが、三男坊が眠くなりごね始めた。

さらに、ごねた三男坊に嫁が怒り、怒られた三男坊が私に抱っこしても泣きついてくる。とても晩御飯を食べられる状況でなかったので三男坊を泣かせつけるためにミルクを用意し、三男坊を寝かせつけた。

寝かせつけリビングに戻ってみると誰もいなく、私の食べかけの晩御飯が冷たく残っていた。

温めて一人寂しく晩御飯を食べ始めた。

それから金魚と錦鯉の水換えをし、やっと風呂に入ったが風呂はぬるくなっておりシャワーだけであがってきた。

毎日こんな生活である、仕事も肉体労働で疲れているのに帰ってもまったく休まらない、かえって家に帰ったほうがストレスで疲れる日々である。

何とかならないもんかなぁ~、やはり嫁とは離婚をしないと無理なのかと思っている。