猫を飼育して

スポンサーリンク

約2カ月前にサビ猫を譲り受けた。

家に来た当初はなかなか懐かず怖がって部屋の隅に隠れてばかりだったら、今はだいぶ懐いて少しずつ私にもちょっかいを出すようになった。

犬派だった私が初めて猫を飼育してみて感じたことは”犬よりも人間に近い”と感じた。

特に甘え方や人の動きや感情を見ている姿はまるで人間である。

犬の様に尻尾を振るような感情表現は無いのだが、人を良く観察している様で静かに甘えてくる感じだ。

まぁ、サビ猫の性格が大人しくて賢いというのがあるかもしれないが、なかなか魅力的である。

妻が一番可愛がっており、時々抱いて楽しんでいるようである。

私はそんなに抱っこしてとかデレデレしているのは好きでないのでしないが、キッチンのテーブルに座ってパソコンをしていると、隣の椅子に上って私の膝に手を伸ばしていたずらしてくる。

それも私の様子を見ながらと言った感じで、なかなか可愛いものである。

野良猫で保護された猫だったが、家に懐いて子供達もだいぶ撫でたり抱っこできるようになったようだ。

夜は二階の私達の寝室にも出入りできるようにしているので、私達が寝るために二階に上がると猫もついてくるようになった。

さらに、夜中に一階の廊下で一通り遊んだ後には、二階に上って来て子供達のベットに上り足で蹴られない三男の足元で寝ている様である。

我が家に慣れてきたようで良かった、これから時間が進むにつれてどんどん我が家の無くてはならない家族となりそうである。
+

x y z
スポンサーリンク
adminをフォローする
40過ぎおやじの独り言(実は50歳を過ぎました)

コメント