来年の1月から入社することになっている会社の総務の方から携帯に連絡があった。前日の夜にも連絡をくれていたようであったが、家に帰ると私の携帯は子供のゲーム機と化すので電話があった事も知らないことが多い。

連絡内容は今度会社へ入社の手続きに行くのであるが、その際持っていく書類の連絡であった。

特別なものはないのだが、12月に入ってから準備かと思っていたが早々に手続きをしてもらえるので安心していし、しっかりした会社だと思っている。

今回の転職はDODAのエージェントを利用した転職である、歳も歳で東北の田舎なのでエージェントを利用した転職はあきらめていたがちょっとしたきっかけで良い転職先が決まった。

やはりDODAのようなインターネット転職サイトには登録はしておいてよかったとつくづく思っている。

今いる会社は別だが、その前の転職もリクルートエージェントを利用しての転職で大幅に給与も上がり、仕事内容も満足できていたのでインターネット転職サイトの利用はおすすめである。

通期で赤字

今いる会社の本年度の通期での赤字がほぼ見えてきた。

今いる会社は12月が年度末であるが、10月ー12月で需要の回復が見込めないので当初の予算通りにはいかず2000万円近くの赤字が出るようである。

これは私が入社し少ししたときにコスト分析をして分かっていたことで、ある特需で利益を出していたのだが、その特需を特需と考えないで設備投資をどんどんした結果である。

予算作成は次長以上で行っているので課長の私は携わっていなかった。が、出てきた予算を見ると「あなた達これは無理でしょう」といった数字が並んでいた。

来年度の予算も同じような予算を組んでいるようなので、来年は更に悪い結果になりそうである。

まぁ、今年末に退職するのでどうでもいいのだがお粗末な会社である。

以前いた会社に比べると、事業部長でも以前の会社の主任クラス以下の能力である。