もう1月終わる、長男の寮が心配である

家族
スポンサーリンク

今年の1/12がもうすぐ終わる、あっという間だった。

正月休みから始まって長男の受験と合格と今月は良い日で終えたと思っている。インフルエンザが猛威を振るっているが、我が家はまだ誰も引いていない。

嫁はインフルエンザ予防にヤクルトが効果があると思っている様で、夜寝る前に子供達に飲ませている。まぁ、以前ヤクルトレディーをしていたので、その営業トークを自分で思い込んでいるからだと思う。

私からすると腸にいるヤクルトの菌が、喉や鼻からうつるインフルエンザに効くとは思えないのだが、とりあえず誰もインフルエンザに罹っていないので良しとしよう。

2月には長男の高校関連の出費が多くなりそうである、市の勤労者福祉センターで入学資金を借りる段取りでいるのだが、寮費が確定しないので手続きに行くことが出来ない。

入寮費も部屋代も入る寮によって値段が違う様で、連絡を待っている状態である。

基本的に同じ部活をまとめるようであるが、大所帯の部活なので一カ所には入れない様である。また、セレクション等でのランク分けされているのでどこになるか見当がつかない。

以前書いたと思うが、セレクションが不合格の連絡が来てそれでも長男は希望の高校に入学したいと話したので電話で一般入試の事を高校のコーチに問い合わせた。

その時の話では「一般入試での入学と入部は受け付けるが、寮が遠い寮になる。今までも同じように入学した生徒はいるが寮が違うため孤独感で結局学校を辞めてしまう場合が多い」との話だった。

長男にその話をしても入学したいとの事で受験した、受験日に私は暇だったので寮の下見をしたいと思い遠い寮に連絡して見学をしていいか確認した。

その時の話では「お子さんの名前は監督から連絡が来ていませんよ。リストに載っていないのでここではないと思います」との返答だったので見学はしなかった。

となれば近場の寮なのか、若干でも特待がついたようなので少しは良い寮になったのかと期待はしているのだが、期待すると良い結果にならない事が多いのであまり期待しないで待っている。

でも、トップチームの選手と同じ部屋になれば長男にもいい刺激になると思っているが。

コメント